インハンド 第2話 2019年4月19日放送分

ドラマ名:インハンド
TBSテレビ 2019年4月期ドラマ

原作:

インハンド』は、朱戸アオ氏による人気漫画。『イブニング』にて、2018年から連載中。右手が義手になっている寄生虫専門の科学者が助手と女性官僚とともに、誰もが驚く科学的な方法で難事件を解決していく医療ミステリー

ドラマ概要

ドSで変態 な無愛想キャラだが天才、義手の寄生虫学者・紐倉哲(山下智久)は、買い取った植物園を改造した自宅兼研究室で寄生虫の研究をしている。医療ミステリー

キャスト:

 山下智久、濱田岳、菜々緒、藤森慎吾、高橋春織、酒井貴浩、光石研

インハンド 第2話あらすじ 


第1話で紐倉と出会い、助手になったお人好しの元医者・高家春馬(濱田岳)は、紐倉の研究室で動物達の餌やりから雑務までからいいように使われていた。

ある日、紐倉の元に感染症の疑いがある意識不明の女性について、調べてほしいという依頼が来る。紐倉がその女性の血液を調べてみると、“ハートランドウイルス”という日本ではまだ発見例のないウイルスが検出された。紐倉と高家は感染ルートを調べることに。感染女性の自宅を訪ねてみると、出てきたのは9歳の息子・渉(込江大牙)だった。母親について話を聞くが、渉には心当たりはないようで……。

そんな中、新たな感染者が出たという連絡が入る。情報を聞きつけた内閣官房サイエンス・メディカル対策室の牧野巴(菜々緒)が、紐倉たちの元へ飛んでくる。紐倉、高家、牧野は、再び3人で力を合わせて問題解決に挑んでいく。だが調べを進める中で、予想外の事実が明らかになり……。

引用元:
https://www.tbs.co.jp/inhand/story/s2.html

インハンド第2話ゲスト



金井 渉 (込江大牙 )


感想:

離婚した両親が2人ともなくなってしまう少年「 渉 」、彼自身は「スーパースプレッター」という特殊体質で、感染しても症状は出ず知らぬ間に他人へウイルスをばらまいてしまうことがわかった。そのため両親をなくすことになる運命に。。

実際自分のせいでお父さん、お母さんが亡くなったとしったら、そんな事実受け止めきれないと誰でも思ってします。しかし、報道では 「スーパースプレッター」の存在が明かされ、「歩く生物兵器」とまで言われてしまう。傷つき、自分は生きていてはいけないと思ってしまう 少年「 渉 」 。

そんな 渉 に紐倉は反対の発想の話をします。
渉は進化した人間であること、人類の希望であること、そのために生きてほしいこと。
たしかに、感染しても症状がでないのは耐性があるからで、その理由がわかれば感染症の予防や対策くへの発展になることは明白。大きな運命を背負ってしまっても、それが希望だと感じられるように少年の心を向けてあげられる紐倉は意外といいことを言う?

しかし手が犬に噛まれたって本当なのでしょうか。
では次回も楽しみしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です