きのう何食べた? 第8話2019年5月24日 (金)今週も神キャスティングと絶賛の嵐

きのう何食べた? 第8話あらすじ

シロさん (西島秀俊) と ケンジ(内野聖陽)は、 ヨシくん(正名僕蔵)&テツさん(菅原大吉)のカップルと食事をする。普通のレストランの目立つ席で4人は明らかにゲイとわかるような内容の話もしつつ盛り上がる。シロさんは周囲の反応が気になりすっかり不愛想な態度をとってしまう。帰りしなはケンジにもあたる。ケンジは謝るが「謝るくらいなら最初から考えろ!」と叱責。

久しぶりに登場の佳代子さん(田中美佐子)と桃を分け合うシロさん。愚痴りながらもケンジのことを思いやっているシロさん、結婚や契約、社会的責任などに縛られものがないからこそ別れない努力をしなければいけない、今さら1から新しい恋人を探すのは勘弁、、というようなことを語るシロさん。

そんなシロさんに「別れないための努力は素敵、 夫婦なん そんなもんない」という佳代子さん。

ヨシ君&テツさんカップルが再び家に来たいとのこと。オーガニックにこだる二人に何を食べさせればいいのかと困るシロさんだが、夕食を準備することに。今回は前回より落ち着いて会話をする中でテツさんからシロさんに重要な相談をもちかけられる。。。

テツさんカップルがかえってから、やり場のないいらいらをケンジにぶつけるシロさん。ケンジから謝られるも、さらに自己嫌悪に。

翌日、ケンジは朝出勤するシロさんに「今日の夜はハンバーグ食べたい♪」とおねだり。ふつうの会話に戻り、シロさんはケンジのそういうところ(自然に仲直りする方法?)を学んだんだと考える。


今週も神キャスティング と称賛の声

原作でも人気のヨシくん&テツさんカップルの登場で、神キャスティングと話題です!4人で食卓を囲みテツさんが相談をもちかける場面では、4人の演技がすごい!「泣かされる」と絶賛の声です。

テツさんの演技に 「泣かされる」 の声

シロさんの几帳面さが かいま見られる一場面

佳代子さんと話しながら段ボールをハサミで切りだして、何をしてるんだろう??と思ったら半分用の箱に作り直していたシロさん。なんの説明もないさらっとした場面でしてが、シロさんぽい場面でした。

「別れないための努力」ドキッとした人も多いのでは?

そのとおり、どんな人間関係でもそうだよね。男女の関係だって男同士だって同じ。相手に異性を感じなくなったらそこにいて当たり前の存在になってしまうもんね。

ラストシーン、桃にシロさんの愛を感じるケンジ

原作を超えるフェミニンさだったようです笑。それにしても内野聖陽の乙女っぷりが板についていること。毎回視聴者からの反響も大きいようです。

感想

今回Twitterではテツさんのヨシくんへの思いや、説明はなくても視聴者が理解できるような演技に注目が集まりました!家族関係をつくるための養子縁組、、昔から聞くことではありますね。

私が今回はっとしたのは「別れないための努力」です。私のボーイフレンドは外国人で、いつもセクシーにしてほしい、とかきれいにしてねといいます。いつもセクシーだからドキドキしたり、セックスの対象としてみることができるっていうのはすごおおおおくわかる。だって、つきあって3年もすれば夫婦動揺、恋人同士だってレックスレスにもなりますもん。てかお互いよく知る関係になると、わざわざ自分を盛ったり、特別なこと(デートの場所とか、サプライズとか)するのもめんどくさい。ちなみに私は年齢?や体調、家族の問題(介護とか)もあってか、完全にセクシーさを忘れてしまっていました。昔はそれにめっちゃ力を注いでいたのに。。。もちろんセックス欲もなし、でもボーイフレンドの指摘もあり、月に何回か気分を盛り上げて素敵なセックスしないとセクシーな関係が消滅してしまう!と危惧して無理やり頑張るようになりました(今年のこと)。そしたら心なしか、彼との関係もいい感じに戻ってきたよう。

ちょっと横道にそれましたが、なので、どれだけ深い関係でも「別れない努力」って必要なんだと共感したんです。

今期ナンバーワンの呼び声が高い「きのう何食べた?」、次回が待ち遠しいドラマって1つか2つくらいしかないですが、これはまさに次が楽しみなドラマです!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です