【あなたの番です・考察】仕組まれて始まった交換殺人ゲーム?

こんにちは。Aki-dramaです。6月に入り最初の金曜ですね!今週はオフの日が多く、一泊で近場の温泉と海へ行ってきました。海でも遊んで初夏を満喫~と帰ってきたら梅雨入りニュースが。もうそんな時期なんですね。
さて、1日2日「あな番」から離れるとなんだか寂しくなってしまします。今週末の第9話に向けて、皆さんの意見も参考に自分でも考察をすすめてみたいと思います。

交換殺人ゲームを始めたかったのは誰か

そもそもこの交換殺人をはじまったのは偶然ではないという考察があります。たしかにまったくの普通の人たちが、思い付きから殺したい人を紙に書き合うところまではあり得るものの、最初に始める人は誰かが決まっていなかったし、ゲームで始まったのに、自主的に殺人を始める人はいないでしょう。なので、他の方の考察同様、住民会の参加者以外で交換殺人ゲームを始めたかった、あるいは始める必要があった人物がいると考えられます。これを「黒幕X」とします。

交換殺人である必要はあったのか

次に交換殺人である必要性についてですが、黒幕Xの動機次第ではないかと考えます。すでに犯した殺人を隠蔽したい、ばれないように殺人したいだけの動機であればわざわざ交換殺人を持ち出すメリットは低いように思います。なので、黒幕Xの動機は「交換殺人ゲームを実証したい」のではないか?と考えました。つまり、自分の殺したい人を殺してもらった人物は、①脅迫次第で自分も交換殺人を犯してしまうのか、②そしてそれが連鎖するのか?③その連鎖の中で無作為に殺人してもばれないか の3点を実証したいのでは?というのが今回のメインの考察です。
ちょっとわかりづらいんですが、下の図のように整理してみると、交換殺人ゲームで明らかに書いた人と殺された人、連鎖しているのが右です。実はこの中で殺された人はマンションの住人はいません。

ちなみに袴田吉彦を殺したのはシンイー一派だと断定して考えてます。根拠はタナカマサオが死んだ翌日、脅迫包丁を受け取ってシンイーが仲間に紙に書いてあった人のことを話したとき、クオンが「ああ!この前…」としゃべっていた場面があったからです。「ああ!この前アパ不倫で話題になった!」というセリフが入りそう(笑)なため、シンイーが引いた紙は袴田吉彦だとほぼ断定で考えました。

そして交換殺人の連鎖とは一見はずれているように見える殺害のなかで、マンション住民で殺されているのは503赤池夫妻と102小嶋佳世、あと201浮田です。

「黒幕X」が交換殺人ゲームを知った理由

「黒幕X」が交換殺人の実証をしたかったのが動機として、住民会で交換殺人ゲームが行われたことをなぜ知ったのか?これは以下の2通り考えられますね。
①自分もその場に参加していたから
②参加した人間から詳しく聞いたから
「ばれない殺害方法の実証」を趣味とする「黒幕X」がたまたま住民たちの交換殺人を知り、実証のため山際裕太郎を殺すところからはじめたとも考えられます。

「黒幕X」は黒島沙和か 青川エル( 荒木飛羽 ? )か

住民会に参加した人物に「黒幕X」がいるとすれば、黒島沙和が可能性として高いように思います。黒島沙和は数学専攻で、物事を数式化して確率を計算することが得意というような場面があります。これを交換殺人がばれない確率を計算し、ほぼ100%という確率だったとしたら、それを実証したくなったという可能性も考えられるのではないでしょうか?交換殺人ゲームにいやいや参加した黒島沙和は「途中から一言もしゃべってません」と翔太に話す場面が第8話でありましたが、これは交換殺人ゲームの実証について数式を作っていたからとか!笑

また多くの人が黒幕として考察している「青川エル」も可能性として高いでしょう。「死体の隠し方」「ばれない殺し方」などの著者である「青川エル」が実は402榎本夫妻の隠し部屋にいる子( 荒木飛羽 ?)ではないかという考察があります。その場合、たとえばゲームに参加した早苗が夫の正志に相談しているところを隠し部屋から聞いていたことでゲームが行われたことを知ることができたかもしれません!

「黒幕X」の殺害方法には特徴が?

実際の住民が参加している交換殺人ではなく、「黒幕x」による殺害もあったとして、それが山際裕太郎・503赤池夫妻・102小嶋佳世だったとしたら、この殺害方法には共通するものがあります。遺体の一部は見つかっていない(山際裕太郎は頭部、小嶋佳世は足以外)ことや、赤池夫妻殺害時には口角をあげて笑わせるなど、なんだか殺害をある種の作品としているような感じです。こういうのって海外ドラマにもあったよな~と思いつつ見てますが、殺人を芸術のように考えている犯人なんじゃないかと考えてしまいます。赤池夫妻の食卓のケーキのプレートを差し替えたのも、交換殺人ゲームの連鎖の1つと見せかけるためではないと考えられます。

浮田殺害はさらに別の人物?

そして浮田殺害ですが、根拠があまりないですが、これは「黒幕x」ではない感じがします。浮田は赤池夫妻殺害の容疑をかけられており、交換殺人ゲームでは「赤池美里」と書いたと言っていました。また浮田は生業も苦しく家賃も滞納するなど、賃貸主(かどうかは不明ですが)である赤池夫妻を殺す動機があったとも考えやすいため、A:「赤池夫妻殺しを浮田のせいにしたい誰か」B:「交換殺人ゲームを警察に知られたくない誰か」が口封じに浮田を殺したとも考えられないでしょうか。それが「黒幕X」ではない理由は殺し方かなあ、あんまり美しくないというか、それくらいしか根拠はないんですが。

妄想に近い考察-実行犯はマインドコントールされている?

私個人の考察ですが、「黒幕X」は黒島沙和、実行犯は103田宮淳一郎ではないか思いました!黒島沙和は103田宮淳一郎に暗示をかけ、自分の思い通りに動くよう仕込んでいたのではないか?ちょっと妄想気味ですが、田宮はマンション内を撮影していた動画を見て人が変わったようになって引きこもったり、黒島沙和を見てはっとしたりする場面があります。これは暗示をかけられた自分が誰かを殺害したかそれに関連する動画を見たり、平常時でも黒島沙和を見るとなんか反応してしまう!みたい感じかなと考えました。田宮は真面目で思い込みが強い性質なので逆に暗示にかかりやすく、暗示をかけられていることに気が付き、それから逃れようと演劇に走ったりしているとか。この考察はオリジナルですが他にも考えた人いるかな?

すべての謎と整合性のとれる考察はまだまだ難しいですが、今のところで考えうるオリジナルの考察をつくってみました!第9話でさらに新しい展開があると思うので楽しみです。読んでいただいてありがとうございました♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です