上野樹里主演「監察医朝顔」7月8日月曜夜9時スタート!

2019年7月期ドラマ
フジテレビ・月曜21時~

2019年4月期ドラマも続々と佳境を迎えています。そして2019年夏ドラマも続々と情報解禁されています。今回はティザー動画も公開されたフジテレビ月9ドラマのご紹介です!4月期ラジエーションハウスの窪田正孝さんからバトンタッチ!

2019年7月期フジ・月9は「監察医朝顔」

本編映像の予告解禁

原作は人気の医療漫画

原作は同名漫画(原作:香川まさひと、漫画:木村直巳)です。

ドラマの概要

万木朝顔(上野樹里)は、神奈川県にある興雲(こううん)大学の法医学教室に勤める新米法医学者。朝顔は新米とはいえ、もちろん医師免許も持ち、周囲から一目置かれるほどに優秀な技量と豊富な知識を併せ持つ法医学者。人柄は実直で、自分よりもつい相手のことが気になってしまう、愛情深く心優しい女性。ただ朝顔は、母を失ったのみならず、遺体すら見つからないという癒しようのない悲しみを抱えており、その悲しみゆえに朝顔には、法医学者として揺るぎのない信念がある。それは、遺体を決して12番目の死因、つまり“どうして亡くなってしまったのか分からない不詳の死”にはさせない、というもの。死因を明らかにすることは、その人がどんな性格で、どのような暮らしをし、どのように人生の幕を閉じたのか、そういった“生きた証”を見つけることにつながるから。

そんな朝顔は、父とふたり暮らし。父・万木平(時任三郎)は、ずっと捜査畑を歩んできたベテラン刑事で、性格は朝顔に輪をかけて真面目で堅物。そして、“生きた証”を見つけてあげたい、という思いは朝顔と同じくらいに強く、1%でも手がかりになる可能性があるならば、どんな些細なことまでも調べ上げ、聞き込みを諦めまない。ある日、平は思いがけず、朝顔が勤める興雲大学法医学教室が管轄する警察署捜査係に異動することに。遺体が発見されれば、警察は、まず朝顔が勤める法医学教室に運ぶため、平は父としてのみならず仕事相手としても朝顔に寄り添うことになります。  (引用:公式サイトより)

主演は上野樹里、初の月9単独主演!

大きな悲しみを抱えた朝顔役にはコメディからシリアスまで幅広い演技力で定評のある上野樹里!これは期待できそうです。

刑事の父親役には時任三郎

母親役には石田ひかりが決定

物語の設定では亡くなった母親役ですが、主に回想シーンでの出演となるそうです。

彼氏で新米刑事役に風間俊介

志田未来は医学部生役で出演

山口智子が 『ロンバケ』以来23年ぶり月9出演

朝顔が勤める興雲大学の法医学教室の主任教授・夏目茶子(なつめ・ちゃこ)役に 山口智子も出演!さばさばした教授っぽいですね。

その他豪華キャストが集結!

ほかにも、中尾明慶、森本慎太郎(SixTONES/ジャニーズJr.)、坂ノ上茜、戸次重幸、平岩紙、三宅弘城、板尾創路、柄本明など出演!

Twitterライブも!

三宅弘城さんと藤原季節さんによる定期ライブ配信(配信スタート日は調整中) も始まるそうですよ。 2人がドラマの撮影現場で起きていることを調べ、時に物を採取し、分析しながら紹介するとか。撮影話などもあるようで楽しみですね!

さて、キャストの豪華な顔ぶれを見ただけでも期待できそうなドラマですね。また法医学というテーマも奥深く、興味深い人間ドラマを見せてくれそうです。7月8日スタート「監察医朝顔」、第1話からチェックしていきたいと思います!

公式サイトはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です