【あなたの番です・考察】木下あかねは「青川エル」?これまでの怪しい行動・伏線まとめ

こんにちは、Aki-doramaです。 
「あなたの番です」第2章#11 では、第1章で伏線として登場していた 「青川エル」の本が401号室木下あかねの部屋で再び登場しました。 また木下がこれまであさっていた住人のごみがずらり保管されていたのには気持ちが悪かったですね。 木下あかねは何者なのか?これまでの伏線で新たに手がかりはないか、第1話から 木下あかねのあやしい行動をまとめてみました。怪しい行動は第2話からです。ちなみに第1話では、住民会を欠席したため清掃係をやることになり、通りがかった西村に突っかかる場面がありました。

huluでは「あなたの番です」全話とサイドストーリーの「扉の向こう」を見ることができます。2週間無料のお試し可能です。ご登録はこちらからどうぞ。

第2話

住人たちのたちの様子を窺う木下あかね

第2話では管理人の床島の死後、住民会が開かれたあと管理人室の窓ガラスが割られており、 住人たちがざわついていましたね。そんな住人たちの様子を物陰からじっと見ている401号室の木下あかね。今おもうとこの頃からマンション内の不穏な動きに気がついて探るようになったのかもしれません。

第2話のあらすじについてはこちら

第4話

ごみをあさる木下あかね&後ろから見ている人物

ごみをあさる木下あかねを後ろから見ている人物

木下あかねがいつものようにごみをさぐっているところを、誰かが後ろからみています。この人物であれば、もしかすると木下にあやまった情報を流すこともできそうです。

この時点では、管理人・床島、山際祐太郎、ブータン料理や店主(タナカマサオ)が死んでいますが、住人の中での被害者はいませんでした。

第4話のあらすじについてはこちら

第5話

佐野のごみから地のついたタオルをみつける 木下あかね

501号室の佐野がごみを捨てるところをじっとみている木下あかね。喫煙を注意して佐野を追い払い、捨てたごみの中身を確認すると何重にも包まれた中には血のついたタオルが。

302の郵便受の中身を探る木下あかね

302の郵便受の中身を探る401号室木下あかね

明らかに手塚家を探ろうとしていました。この前に、翔太がとおりがかり、木下あかねおすすめのミュージカル映画の話をしていました。これ輪で木下あかねがミュージカル映画好きということがわかりましたね。

第4話では赤池夫妻が殺されて、刑事も出入りするなど住民にとっては怖い状況になっていましたね。

ゲーム不参加の3人、木下あかねの西村を見る目が?

ゲーム不参加の3人、木下あかねの西村を見る目が?

交換殺人ゲームに参加した一部の住民たちだけで集まり、会に呼ばれていないことがわかった3人(401号室木下あかね、404号室江藤祐樹、204号室西村淳)はカフェで食事をしようとしていた早苗と奈菜に抗議する。しかも、翔太が交換殺人ゲームのことを知っており、木下に話してしまったことも判明。知っていることをいわないという約束ではあったが木下あかねは、「ごめんなさい!私約束を破る人なんです」ときっぱり。そしてその帰り、ならんで歩いているが、木下あかねは西村をじっと見て何かいいたげ。「なんですか?」(西村)、「いいえ」(木下)この会話は、西村が何か隠していることを木下が知っているというプレッシャーか?

「あなた殺されちゃうんじゃないの?」と奈菜を脅す木下あかね

ごみ捨てにきた奈菜に、管理人のごみから拾ったという紙を渡す木下あかね。-交換殺人ゲームのことを知った上で、「あなた殺されちゃうんじゃないの?」と奈菜を脅すような行動にでます。第9話でも奈菜に情報交換を持ちかけるので、これはもっと核心的な情報がほしかったからとも考えられます。

第5話のあらすじについてはこちら

第7話

刑事の出入りを撮影する木下あかね

木下あかねの怪しい行動

小嶋佳世が殺されて警察が夫を連れていきます。マンションからでていくところをカメラで撮影している人が!

スマホを後ろ手に隠していますね

と、思ったら401号室の木下あかねでした。スマホを後ろ手に隠していますね。

ついでに通りかかった西村淳もパチリ

ついでに通りかかった西村淳もパチリ 。これは西村だけでなく他の住民たちも隠れて撮影していた可能性はありますね。

第7話のあらすじについてはこちら

第8話

「本名で活動されてますよね?」と蓬田に指摘される木下あかね

第8話では新管理人のヨモギダが木下あかねに向かって「本名で活動されてますよね?」と投げかけ、木下が「人違いです」と否定します。これは木下が役者あるいは作家で活動していて、ヨモギダがそれを知ったということでしょうか。 ヨモギダ が何を知っているかはまだ明らかにされていませんね。

第8話のあらすじについてはこちら

第9話

奈菜に情報交換を持ちかける木下あかね

住民会の後に奈菜に、住民会の会長である早苗に関する情報があると、情報交換を持ちかける木下あかね。 木下は管理人のゴミ箱か見つけた、 管理人が会長を脅していたようなメモを奈菜に見せます。かたや、奈菜は 木下がもっている302号室の人と書かれた紙について、ゴミ捨て場の掃除担当を決めるときの紙だったと教えてます。この場面については、 会長は早苗のことだったのか不明ですし、奈菜のいったことも本当か、わかりません。(特に奈菜がなくなったこともありますし)

第9話のあらすじについてはこちら

第10話

ミキサー早苗をしっかり撮影する木下あかね

第1章クライマクスで、早苗が駐車場で奈菜をミキサーで手にかけようとする場面、とおりかかった木下はあわててスマホで記録しようとします。

第10話のあらすじについてはこちら

木下あかねは情報を収集・ 記録 ?

木下あかねは交換殺人ゲームが行われた住民会に参加しなかったことで、清掃係を押し付けられます。それ以前からもごみをあさっていた節はありますが、清掃係になったことでわりと堂々とごみをチェックしていますね。さらに、翔太から交換殺人ゲームのことを聞き、警察が出入りするようになるとスマホ動画で記録もはじめたり、郵便受けを調べるようなこともはじめています。これは何かを隠すというよりも、小さな情報でも情報を集めているようでしたね。実際に集められた情報は部屋に保管・整理されていたわけですが。

木下あかねは「青川エル」?

これまでの木下あかねについて振り返ってみましたが、 やはり木下あかね は「青川エル」とは違うようですね。新管理人の蓬田の好意につけこ込んで情報を手に入れるなど手段も選ばないような情報収集力は、かなりの執着心を感じますね。単なる興味というよりも仕事のようです。スクープを追っているルポライターというのが、木下あかねの行動からはイメージしやすいです。あるいは、後半結構スマホ撮影をしていることから、 キウンクエ蔵前で起きた事件のドキュメンタリー映画を作りたい映画監督かもしれないと思った りもしました。本当はどうなんでしょうね!?

第12話以降でおそらく明らかになる木下あかねの本当の姿。扉の向こうもとても楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です