「Heaven? ~ご苦楽レストラン~」 第3話あらすじと感想 石原さとみがコメディエンヌの本領発揮!じわじわ面白さが上昇中

2019年7月期ドラマ
TBS・火曜22時~
第3話7月23日放送

2019年夏ドラマ、TBSの火曜22時ドラマ・石原さとみさん主演 「Heaven? ~ご苦楽レストラン~」第3話が放送されました。第1話・第2話と見てきたせいか、意外に楽しめた第3話。このドラマの雰囲気になれたせいなのか、他のドラマが面白くせいなのか、ようやくキャスト陣の本領発揮か、素直に面白い回でした。

「Heaven? ~ご苦楽レストラン~」ドラマ概要・キャスト紹介はこちら

「Heaven? ~ご苦楽レストラン~」 第3話ダイジェスト

「Heaven? ~ご苦楽レストラン~」 第3話あらすじ

「ロワン・ディシー」では、店長の堤(勝村政信)が頭を抱えていた。予約の電話を受けたコミドランの川合(志尊淳)が致命的なミスを犯したのだった…。その夜、店は予約で満席。フロアが大混乱する中、仮名子(石原さとみ)がアクシデントに見舞われ、伊賀(福士蒼汰)はその対応に追われる。すると山縣(岸部一徳)が堤と川合を手招きする。山縣が指さした先には、仮名子の席に座る女性の姿が…。押しの強いその女性は、伊賀をみると「観!!」と親しげに呼ぶ。その女性は観の母・勝代(財前直見)で、観を長崎に連れ戻そうと東京にやってきたのだった。仮名子と勝代は、似た者同士でそれぞれの都合で観を自分のそばに置いておきたいと必死。「ロワン・ディシー」の”サービスの要”伊賀をめぐる仮名子と勝代の争奪戦が幕を開ける!!
 
引用:TBS「 Heaven? ~ご苦楽レストラン~ 」公式サイト 

「Heaven? ~ご苦楽レストラン~」 第3話 感想 

石原さとみがコメディエンヌの本領

なんでか共感もできなかった石原さとみのお金持ちレストランオーナーですが、なれてきたせいか面白さがわかるようになってきました笑。石原さとみの表情豊かな大振りな演技は、コメディエンヌの才能を感じます。福士蒼汰との掛け合いもはまってきていい感じに。福士蒼汰は「動物のお医者さん」でいうとハムテルですね。

「動物のお医者さん」的面白さがじわじわ上昇中!

そうそう、こんな感じだった!と気がつかされた「Heaven? ~ご苦楽レストラン~」 第3話 。特別大きな出来事が起こるわけでも、恋愛模様がえがかれるわけでもないけれど、はまると面白さ全開になる 「動物のお医者さん」 さんが彷彿とされました。ようやく「 Heaven」ワールドにはまってきたのかしら? 地味な掛け合いが、じわじわと面白く染みてきます。

石原さとみのひとりファッションショーも毎回楽しみに

今回はファッション2パターンだったのが残念ですが、今回もトレンド感ありの素敵なファッションでした。イケメンもいいけどファッションやインテリアも女性のドラマの楽しみの1つですよね!

黒×花のドレスは FENDI のもの。ドレス負けしてなくてかっこいいですね!

男性陣がサービスマンかシェフなので華やかさが引き立ちますね。今後もファッション見るのも楽しみです。昔でいうとセックスアンドザシティを見ているときのようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です