「TWO WEEKS」第4話あらすじと感想:騙し騙されの逃亡劇!元劇団四季俳優・柿澤勇人が光る

2019年7月期ドラマ
フジテレビ ・ 火曜21時 ~
第4話2019年8月6日放送

「TWO WEEKS」第4話あらすじ

8年前と同じように、柴崎(高嶋政伸)が自分に殺人の罪を着せたのだと確信した結城(三浦春馬)は、自らの濡れ衣を晴らすために、殺された愛(立花恵理)が持っていたデジカメをサトル(森永悠希)から回収しようと考える。しかし、待ち合わせ場所で目にしたのは、幼いころから兄弟のように育ったサトルの変わり果てた姿だった――。 第4話 灰谷(磯村勇斗)がサトルを殺してデジカメを奪ったと考えた結城は、柴崎を追い詰めるための手立てを失い、途方に暮れる。そんな中、一夜を過ごした公園で、結城は若者たちに絡まれている春川(柿澤勇人)を助ける。住居を転々としながら生活をする春川の手助けを受けた結城は、はな(稲垣来泉)のために何とか逃げ切ろうと、手術の日まで人目につかない離島に身を潜めようと考えるが……。

そのころ、結城が8年前に結婚を考えていたことを知った楓(芳根京子)は、婚約者だったすみれ(比嘉愛未)の存在にたどり着く。さらに、入院中の娘の年齢が8歳だと聞き、父親が刺殺された事件との因縁を感じた楓は、真実にたどり着けそうだと早穂子(黒木瞳)に報告。しかし同じころ、柴崎もまた、すみれの居場所を突き止めていた。 第4話 第4話 一方、結城の身辺を調べていた有馬(三浦貴大)は、結城に接触したという女性がすみれで、結城こそが、はなのドナーなのではないかと疑いを抱き始め……


引用:カンテレ 「TWO WEEKS」 公式サイト

「TWO WEEKS」第4話の感想

幼馴染サトル演じる森永悠希さん、他ドラマでも配役が、、、

無実を証明するはずのデジカメをサトルから受け取る予定が、サトルが殺されるなんて!サトル演じる森永悠希さん。今クールは日テレドラマのボイスにも出ているけど、そちらではレイプ犯でこちらではいい人だけど殺されちゃう。 森永悠希さん に声援を送りたくなっちゃいます。そしてサトルを殺したのは磯村勇斗演じる殺し屋だけど、この殺し屋いまいち腕悪くない? 結城(三浦春馬)を取り逃がして 柴崎(高嶋政伸) に謝っていたし、、謎の殺し屋って設定だけどただの出来が悪い殺し屋でこの設定いらなかったような気も。いまをときめく磯村氏を出したかっただけかな?そしてデジカメはサトルの彼女の手に渡っていただけれど、取り戻すことはできるのか?

気になる演技は誰?ミュージカル界の貴公子が降臨?

結城(三浦春馬) が、若者にぼこられているところを助けた 春川 (柿澤勇人) 、いい人と思いきや、結城をわなにはめる悪いやつだった!なんかこの俳優さん気になるなと思ったら、 柿澤勇人さん、劇団四季出身の、ミュージカルなど舞台でも活躍する俳優さんでした。なんとはなしに見ていても気になるのは存在感とか、演技のうまさなのか?テレビドラマもこれからいろいろ出てくるのかもしれませんね。他のドラマや舞台でもこの人の演技を見てみたいと思いました。

検事の2人と有馬刑事(三浦貴大)がどうしても子供にみえる

前からきになっていたんですが、 検事の楓(芳根京子)と事務官の男の子、 有馬刑事(三浦貴大)の3人は若々しいというか、子供に見えてしまうのは自分が歳とったせいなんでしょうか。年輪のない顔ってつるっとしていてあどけない。かわいいんですが、子供の演技にみえちゃうから、ドラマも軽くなっちゃう気がしますね。警察の動きもなんだか空回りだし、勢いと進展ちぐはぐで、 検事の楓(芳根京子) の過去の話とかも、いまいち頭にはいってこないし、このあたりの展開についてはノーコメントとします。

さて、「TWO WEEKS」来週は村上淳さんがゲスト出演のようなので楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です