「偽装不倫」第5話のあらすじと感想:不倫の理由は残された人が帰る場所があるようにって、それなんか嫌

「偽装不倫」第5話が放送されました。『東京タラレバ娘』や『海月姫』などで人気漫画家・東村アキコ氏の新作漫画を、杏さん主演、仲間由紀恵さん、谷原章介さん、宮沢氷魚さん共演でドラマ化。 第4話では、岩手旅行直前にすれ違ってしまった 鐘子(杏) と 丈(宮沢氷魚) 、第5話ではようやく素直になれると思ったら!見逃したという方は huluでも見ることができますよ。

杏主演「偽装不倫」ドラマ概要・キャスト紹介はこちら

「偽装不倫」第5話ダイジェスト

「偽装不倫」第5話あらすじ

鐘子(しょうこ)(杏)と行くはずだった岩手旅行に一人でやってきた丈(じょう)(宮沢氷魚)。東京駅で鐘子と一緒にいた賢治(けんじ)(谷原章介)が鐘子の夫だと思い込んでいる丈は、幸せな家庭を持つ鐘子を旅行に誘ったことを後悔していた。そして鐘子も、丈が姿を消したのは不倫の厄介事から逃げるためだと思い、落ち込んでいた。心配したまさ子(田中道子)が訪ねてくるが、鐘子は小さなことでいちいち丈を思い出してしまう。その頃、岩手の丈も鐘子のことを思っているのだが…。

葉子(ようこ)(仲間由紀恵)は、賢治の大阪出張の隙を狙って風太(ふうた)(瀬戸利樹)との休日デートへ出かける。賢治からの「帰りが遅くなる」という連絡に安心し、風太の練習まで付き合う葉子。しかし、葉子の態度を不審に感じていた賢治は予定を変更し、観光を切り上げようとしていた!

一方、岩手の丈は、立ち寄った喫茶店の娘・カナエ(富田望生)に案内され宮沢賢治記念館を訪れていた。『銀河鉄道の夜』の結末でジョバンニとカンパネルラが離ればなれになることを思い出し、寂しく笑う丈。その頃、まさ子と共に居酒屋でヤケ酒を煽る鐘子は、「丈のことを忘れる!」と宣言するが…。

そんな中、東京中央病院の外科医・一之瀬(いちのせ)(眞島秀和)は、脳腫瘍を抱える丈が手術を受けようとしないことが気にかかっていた…。

引用:日本テレビ「偽装不倫」公式サイト

「偽装不倫」第5話の感想 

不倫の理由は残された人が帰る場所があるように、、それなんか嫌


丈(宮沢氷魚)の脳腫瘍は手術できない状態で、あとどれくらいの命かもわからない、ということがわかりました。残りの人生が限られているならば、やり残したことを全部やりたいと日本へ帰国した丈。最後の恋もできるならば、、、でも自分が死んでしまったら愛するひとは帰る場所があるように、と不倫の恋を選択したというんです。
なんだか、病気を盾に不倫を選択したことが丈のやさしさのように描かれていますが、それってなんか嫌と思うのは私だけでしょうか。

不倫は悪いことだから、とかそういう理由で嫌なんじゃありません。なんか美しく描かれることが嫌なんです。むしろ、「人妻って響きがエロいから」「あとくされないから」って理由のほうが受け入れやすい。わざわざ美しく描くのは少女漫画ならではって感じ。あ、そうでした。私少女漫画苦手なんだった。丈が悪いんじゃないけどね、描かれ方に違和感があっただけです。

一難さってまた一難、ようやく素直になれるとおもったら今度は丈が倒れる!


岩手旅行のすれ違いも、東京駅で岩手帰りの丈と出会えたことでようやく嘘を告白できるタイミングを得た 鐘子(杏) だけれど、次の瞬間丈が倒れてきて、、。言えないねーなかなか。なんでそこまで引っ張るのっておもったけど、このセリフで自分を重ねた人も多いのかもしれませんね。若いときって自信がないから、虚勢を張ったり、逆に卑下したり。年取ると?開き直りですよん笑。

さてさて、テンポ悪すぎと評判悪い「偽装不倫」ですが、岩手に銀河鉄道はみにいきたくなりましたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です