「わたし旦那をシェアしてた」第6話のあらすじと感想:前振り長すぎ!真実が次々と明らかに、ようやく動き出した後半戦

2019年7月期ドラマ
読売テレビ・日本テレビ系・木曜23時59分~
第6話 2019年8月8日木曜放送 2019年7月期ドラマ

「わたし旦那をシェアしてた」第6話が放送されました。物語のテーマがわからなくなっていたのと前半の展開がまったりペースだったので完全にミステリーから離脱したのかと思いましたが、ここにきてようやく展開にテンポがもどってきました!あいかわらず面白さはないんですが、第6話も振り返ってみたいと思います。

「わたし旦那をシェアしてた」第6話 ダイジェスト


「わたし旦那をシェアしてた」第6話 あらすじ


森(黒木啓司)らに襲われて重傷を負った文江(夏木マリ)は意識を取り戻したものの、秀明(赤楚衛二)は昏睡状態のままだった。晴美(小池栄子)と加奈子(りょう)が病院に付き添い、茜(岡本玲)がシングシングハウスで子供たちの面倒を見ていた。逃亡中の森がまた現れるかもしれず、晴美たちは気が気ではない。美保(渡辺真起子)は晴美と加奈子に、恭平から森のことを聞いていないかと尋ねる。晴美と加奈子は、まったく何も知らなかった。美保に「なんで恭平があなたたちを選んだか分からない」と言われた晴美は、恭平との出会いについて語り始める。

晴美と恭平が出会ったのは6年前、思い余った晴美が走る車の前に飛び出そうとした時だった。晴美は恭平のお蔭で自殺を思いとどまる。その後、飲みに行った2人はお互いの境遇を話し、心を通わせるように。加奈子も、恭平の思い出を語る。5年前、スポーツジムのトレーナーとして働いていた加奈子は、そこで恭平と知り合った。加奈子がパーソナルトレーナーになったのは、恭平から「もっと良い職場を紹介する」と勧められたことがきっかけだった。晴美と加奈子は恭平の思い出を語り合ううち、恭平のかかりつけ医だった笠浦(升毅)の存在に気付く。

一方、茜は沙紀(平澤宏々路)と透(牧純矢)から、恭平がどんな人間だったのかと聞かれて恭平との出会いを語る。4年前、スーパーで荷物を抱えながら買い物をしていた茜は、手首を痛めてしまった。その時、恭平が茜に声をかけ、笠浦のクリニックへ連れて行ったのだった。 恭平の信頼していた笠浦が、謎を解くカギを握っているのではないか? 晴美は笠浦に会いに行く――。

半年前、恭平は晴美と食事をして別れた後に意識を失った。彼は幼い頃から、名前も治療法もない難病を抱えて生きてきた。笠浦のクリニックで意識を取り戻した恭平は、余命半年と宣告される。
自分に残された時間があとわずかと知った恭平は、北神谷町未解決殺人事件の犯人を見つけ出そうと考える。彼は、中学時代の同級生・友紀子と、弁護士だった父・裕樹が殺されたこの事件をどうしても未解決で終わらせたくなかった。
恭平が友紀子の家へ向かうと、友紀子の父と弟が言い争っていた。その弟は、秀明(赤楚衛二)だった。恭平は、自らの命と引き換えにして犯人をおびき出すことを決意する。彼は、自分の会社で販売する高級栄養サプリの顧客リストに事件被害者の名を載せて偽造。被害者たちに無理やり接点を持たせた。そのリストを北神谷町未解決殺人事件の被害者の会の桃尻に渡して警察に情報提供したとネットで公開してもらうことで真犯人を揺さぶった。
その狙い通り、“最愛の妻”に渡すダイヤの指輪を買った後、恭平は暴漢たちに襲われる。暴行を受けながら暴漢の1人に森を見つけ、犯人だと確信する恭平。そして秀明が、その一部始終を目撃していた。
森たちが立ち去り、瀕死の恭平のもとに秀明が戻ってくる。恭平は秀明にダイヤの保証書を手渡して「シングシングハウスに届けてほしい」と頼んだ…。
晴美は、笠浦のクリニックを訪ねる。しかし、笠浦は殺害されていた。
秀明の病室で、笠浦が殺されたことを文江に知らせる晴美。晴美と文江は、森の仕業と悟る。北神谷町未解決殺人事件に関わっていたことが、恭平の“6つめの嘘”だった。晴美は、加奈子と茜にもこの真実を伝えて恭平の無念を晴らすと誓う。
晴美と文江が病室を出て行った後、秀明が目を覚ます。彼の目は、姉を殺した森への復讐心に燃えていた――。

引用:「わたし旦那をシェアしてた」公式サイト

「わたし旦那をシェアしてた」第6話 感想


前振りが長すぎた!

前半の前振りが長すぎて、完全にドラマとしての魅力をなくしてしまったかのような「わたし旦那をシェアしてた」。キャストはいいだけに、生かしきれずに残念です。いろんな設定がありすぎてドラマとしてのばらばら感が否めません。第6話ではようやく未解決事件や死んだ夫の真実が明らかになってきました。しかし、すでに脱落した人が多そうで、後半挽回なるのかは??

「余命」わずか、、その設定使いすぎじゃない?

水曜ドラマ「偽装不倫」でもそうですが、「余命わずか」だから不倫、「余命わずか」だから犯人に殺されるとか、 「余命わずか」 だったらなんでもいいのか?と思ってしまいます。その設定ドラマで使いすぎじゃない?余計陳腐に感じますね。

言いたいこと好きなだけ言ってしまいましたが、後半戦で挽回を期待します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です