「偽装不倫」第6話のあらすじと感想:騙され夫・ 谷原章介の逆襲がはじまる?

「偽装不倫」第6話が放送されました。『東京タラレバ娘』や『海月姫』などで人気漫画家・東村アキコ氏の新作漫画を、杏さん主演、仲間由紀恵さん、谷原章介さん、宮沢氷魚さん共演でドラマ化。 第6話はリアタイ視聴でしたが谷原章介さんの暗い笑顔だけ強烈な印象でほかは印象残らずでした。印象に残らなすぎて、 huluで見直しちゃいましたよ笑。 見逃したという方は huluでも見ることができますよ。

「偽装不倫」第6話ダイジェスト

「偽装不倫」第6話のあらすじ 

「結婚してるっていうのは嘘だ」と打ち明けようとした鐘子(しょうこ)(杏)の前で突然倒れてしまった丈(じょう)(宮沢氷魚)。病院で目を覚ました丈は、医師の一之瀬(眞島秀和)に病気のことを秘密にするよう頼み、鐘子と駆けつけた姉の灯里(あかり)(MEGUMI)には、「ただの貧血だ」と嘘をつく。この騒動でまたしても本当のことを言えなかった鐘子は、その夜丈に電話をかけ、ついに「ダンナさんはいないの」と告白するのだが…。

翌日、一之瀬に呼び出された丈は、病気の進行が早く、「次に倒れたら危険な状態になる」と聞かされる。主治医のいるスペインに戻って手術するよう勧める一之瀬に、丈は今まで誰にも明かすことのなかった本心を打ち明ける…。

一方葉子(仲間由紀恵)は、風太(瀬戸利樹)のボクシングの試合がある週末に、賢治(谷原章介)から熱海旅行に誘われる。「結婚記念日のリベンジ」と言われ、断る言い訳を見つけられない葉子。一度は試合に行くことを諦めるが、健気にトレーニングに臨む風太の姿に心動かされ、なんとかして旅行の出発ギリギリまで試合を観ようと心を決める。鐘子は、そんな葉子から「もしもの時は協力してほしい」と頼まれて……。

そして週末。鐘子は、「丈を助けたお礼がしたい」と灯里に招かれ、丈もいるスペイン料理屋へ。葉子は、旅行出発前に急な仕事を装って風太の試合へ向かう……。

引用:本テレビ「偽装不倫」公式サイト

「偽装不倫」第5話の感想 


多くの杏ちゃんファンが今思っていること!それは?

残念ながら最終話まで持たない気がする「擬装不倫」。Twitterでの感想もめちゃめちゃ少なくないですか??こちらのTweetがすべてを言い表してくれているようです。

あれこれいいたくない、一言でいうと面白くないんですよね。

騙され夫・ 谷原章介の逆襲がはじまる?

今回一番「おおっ!」となったのは鐘子(杏)の姉・ 葉子(仲間由紀恵) の夫・ 賢治(谷原章介) の不気味な笑顔!葉子が結婚記念ディナーリベンジの熱海旅行の当日に嘘ついて不倫相手のボクシングの試合に行って、待ち合わせ時間になってもこない場面。仕事とて嘘ついてたので葉子の会社に行ってみたけど休日出勤はだれもいない。葉子の苦し紛れの嘘にみせた、この不気味な笑顔。まじでこんなにいい夫をバカにした行動とる不倫妻を罰してほしいです笑。谷原章介が見せる狂気は今回唯一の見どころでした。と、思ったらSNSではわりと反響があったようですね。それはわかるかも。

最終話に向けては谷原章介の狂気がドラマの面白さを左右?

主人公である 鐘子と 丈(宮沢氷魚) の恋愛模様は、 丈 の余命宣告とか、悲恋な要素を盛り込まれてもなお、面白さを感じないので、今後は谷原章介がどう狂気をみせてくれるかが、ドラマを面白くする鍵な気がします。どろどろな逆襲を期待!ですね笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です