「偽装不倫」第7話のあらすじと感想:スローな展開に離脱寸前!

「偽装不倫」第7話が放送されました。 第7話では泥沼展開になると思いきや、 葉子は旦那がやさしいのをいいことにのらりくらりと危機を回避、 鐘子は 鐘子で真実を告白するの引っ張りすぎ、でちっとも進まずにたいして面白くない回でしたね。谷原章介さんの狂気じみた夫の反撃を期待しましたが肩すかしくらっちゃいましたし。 視聴必須の回ではないですが見逃したという方は huluでも見ることができますよ。

「偽装不倫」第7話ダイジェスト

「偽装不倫」第7話のあらすじ 

丈(じょう)(宮沢氷魚)から「大好きだ」と言われて指輪をもらった鐘子(しょうこ)(杏)。「これは、丈が私のことを好きだという“絶対的な確信”なのでは!?」と思いながらも、丈が、人妻だと思っている自分に指輪をくれた本当の気持ちがわからずに悩んでしまう……。そして丈も、夫のいる鐘子に指輪をプレゼントしてしまったことを後悔していた……。

一方、風太(瀬戸利樹)のボクシングの試合を観に行き、賢治(谷原章介)との熱海旅行をドタキャンした葉子(仲間由紀恵)は、鐘子にアリバイ作りへの協力をお願いする。濱家では、葉子の嘘を疑う賢治が、表面上は平静を装いながら二人を待っていた。不気味な空気が漂う中、葉子は思いつきの嘘で修羅場を切り抜けるようとするが……。

翌日、鐘子は賢治に呼び出される。鐘子の相談に乗るふりをしつつ、葉子について探りを入れてくる賢治に焦る鐘子。なんとか誤魔化すものの、そこにバイト中の風太が偶然通りかかり、姉の夫と不倫相手が鉢合わせする大ピンチに陥ってしまう……!

引用:本テレビ「偽装不倫」公式サイト

「偽装不倫」第7話の感想 


不倫妻・葉子に同情する声も

「偽装不倫」第7話では、不倫妻・葉子の言い分が語られるシーンがありました。葉子いわく、 賢治(谷原章介) は葉子を愛していない。自分そっくりの子供がほしくて生んでくれる女性、ライフプランの一部でしかない。真剣に不倫しちゃっているせいか、私からすれば「だから?」といいたくなる愚痴ですが、そんな葉子に同情する声もありました。バースマシーンみたいに扱われるのは男も女も嫌だよね。私の知人では 賢治みたいな妻がいて、子供ができたら旦那拒否だから男だから女だからという問題でもないかもしれないですね。

私が葉子を見ていて苛立つのは、食事や旅行の約束ドタキャンとするとか、相手をリスペクトしていない態度だからなんですよね。そんなことするならさっさと離婚してしまえと思います。ハイスペック 賢治をフリーにしてあげるほうが、よほど彼のためです。そして離婚できないなら最低限のリスペクトは必要。ほんと、 賢治の逆襲を楽しみにしていましたが、また 葉子ののらりくらりとした嘘で(表面上は)収まってしまったのでほんと面白くないです。(性格悪い笑)

スローな展開に最終話を待たずに離脱か?

第7話ラストで 鐘子(杏) が、 丈(宮沢氷魚)にラインで未婚者だと打ち明ける場面がありました。時間かかりすぎですね。なんでそんなに時間かかるのか、 ドラマの事情意外、 鐘子に共感できる人はいなかったんじゃないでしょうか?ドラマって大事なところはできるだけ後まで引っ張らないといけないし、毎回テンポ良く(あるいはじっくりと深ぼって)視聴者をひきつけないといけないし、大変ですね。人がどんどん死んでいく海外ドラマのほうが作るほうは楽なのかもしれません。日本だと、刑事ものやミステリー以外は人がどんどん死ぬドラマってあんまりないですよね。

しかも友人の手を借りて、、、ここまでくると自分で決断も行動もできない 鐘子は仕事もできない女なんじゃないかとすら思ってしまいます。。。

最終話は姉夫婦は離婚、 丈は手術で回復か

最終話まで見続けられるかは自信がありませんが、読める展開としては、葉子夫婦はお互い愛していなかったことを認め、再出発すべく離婚、丈は命をかけた難解な手術に挑み、なんとか成功する、寄り添う鐘子、2人は嘘のない関係をはじめられて、、、ありきたりですが、まとまりのよいハッピーエンドですね。実際はどうなるんでしょうか。

「擬装不倫」はhuluでダウンロードして見ることもできます。

hulu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です