「TWO WEEKS」第7話あらすじと感想:反撃する三浦春馬、作業着姿の殺し屋・磯村勇斗に注目集まる!

2019年7月期ドラマ
フジテレビ ・ 火曜21時 ~ 
第7話2019年8月27日放送

「TWO WEEKS」第7話が放送されました。 検事・ 楓(芳根京子) と 有馬(三浦貴大) の協力を得て柴崎(高島政伸)に反撃した 結城(三浦春馬) !逃げるだけ状況を脱し、ようやく動きがでてきて面白い展開になってきました。手術まであと6日! 結城は無実を証明し、娘の命を救えるのか?では第7話を振り返りたいと思います。

「TWO WEEKS」第7話ダイジェスト

「TWO WEEKS」第7話あらすじ

結城(三浦春馬)がようやく手に入れたデジカメには、柴崎(高嶋政伸)と早穂子(黒木瞳)が密談する様子が映っていた。母親のように慕う早穂子の裏の顔を知った楓(芳根京子)は衝撃のあまり言葉を失い、放心状態に。すると次の瞬間、灰谷(磯村勇斗)が2人に襲いかかり、デジカメは柴崎の手に渡ってしまう。

すみれ(比嘉愛未)から、結城が8年前と今回の事件で何者かに無実の罪を着せられ、命をも狙われていると聞いた有馬(三浦貴大)は、すみれが元恋人を案じていることに少なからずショックを受けるが、それでも、手術を控えるはな(稲垣来泉)のために結城を死なせるわけにはいかないと、8年前の事件の捜査資料を読み、やがて楓が当時の事件関係者だったことに気付く。

そんななか、はなが入院している病院では、ある騒ぎが起きる。何者かが結城の友達を名乗り、はなの病室に侵入したのだ。男が結城のことを探っていたと聞き、ピンときた有馬が担当看護師に確認すると、侵入者は柴崎だと判明。薄汚いやり方に、はなを利用されたと怒り心頭の有馬は、すぐさま柴崎のオフィスへ。しかし反対に、はなが確実に移植手術を受けられるよう、ある取引を持ちかけられる。

一方、デジカメを奪われ、柴崎に対抗する手立てを失った結城は、突然、楓に出頭すると告げる。しかし、そこにはある思惑があり……。
引用:カンテレ 「TWO WEEKS」 公式サイト

反撃開始!目立つのはいけてない殺し屋・磯村勇斗

結城(三浦春馬)と 楓(芳根京子) が一緒にいるところで、襲い掛かる殺し屋・ 灰谷(磯村勇斗)、ちょうどトラックが通り 結城がデジカメを投げたことで 灰谷はデジカメを入手、 結城と 楓は逃げ切ることができた。

なのですが、殺し屋といっている割には何回もチャンスがありながら結城を片付けることができない殺し屋。 雰囲気は謎の殺し屋なんだけど三流過ぎて格好つかなくなってません?殺し屋なのに警察に捕まっちゃったし。

カメレオン俳優としてはナイス!な磯村勇斗

「今日から俺は」の不良役、「きのう何食べた?」の小悪魔ジルベールとドラマごとにまったく違う顔を見せてくれている磯村勇斗さん。今回は謎の殺し屋!と決まったところまでは良かったですが、前述のような「……」な役の中身で残念すぎます。今頃気がついた人も多いみたい。

役ごとに全然違うイメージができるのはすごいですよね!

作業着姿でも写真集のようになる男・磯村勇斗

この作業着姿の磯村勇斗さんを撮影したのは、有馬刑事を演じる三浦貴大さん。写真好きなんですね、上手。磯村さん、作業着でも絵になりますね。

あれ?この俳優さんて…強行犯チームにも注目

ところで 警察署強行犯係、巡査部長国木田孝役 は「集団左遷」にで蒲田支店の出演されていた増田修一朗さんですね。毎クールドラマをみていると主要キャスト以外でもあの俳優さんががこのドラマに!ということも気がつくので面白いですね。

さて、 はな(稲垣来泉) の手術まであと5日となりました。捕まった殺し屋・ 灰谷はどうなるんでしたっけ?とりあえず最終回まで見守りたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です