「偽装不倫」第8話のあらすじと感想:あぁ捨てられた苦しさを思い出して泣けた!

「偽装不倫」第8話が放送されました。 ようやくというか、鐘子の姉の葉子の不倫され夫と、不倫相手がご対面。 鐘子は鐘子で独身ということを伝えられて。谷原章介さん演じる不倫され夫の苦しみ方も物足りないし、 鐘子が独身とわかったときの丈の反応も病気のことがあるとはいえいまいち。

恋してるからこそって行動でもないし、説得力も共感もできませんでした。 鐘子頑張ったのに可哀想。自分が遊び人にあっさり振られたのに認めたくなくてあれこれ理由を考えてた頃を思い出して泣けてきました。面白くないと低評価がありつつ、うまくいかない恋愛模様には自分と重ねて共感しちゃう人も多かったみたいですね!見逃したという方は huluでも見ることができますよ。

「偽装不倫」第8話ダイジェスト

「偽装不倫」第8話のあらすじ 

ついに『本当は独身なんだ』と丈(宮沢氷魚)にメールをした鐘子(杏)。だが、既読になったものの返信は来ず、丈の気持ちがわからなくて落ち込んでしまう。その頃、鐘子のことを忘れようと苦しむ丈は、一人海にいた。そして、一之瀬(眞島秀和)から丈の病気のことを聞いた灯里(MEGUMI)も、写真を撮りに出ていったまま戻らない丈を心配していた。

翌日になっても丈から返信がないことにさらに落ち込む鐘子は、昼休み、バイト中の風太(瀬戸利樹)とバッタリ出会う。無邪気な風太に心を許し、悩みを打ち明けていた鐘子は、うっかり葉子(仲間由紀恵)が結婚していることをバラしてしまう!慌てて葉子に電話で謝る鐘子。だが葉子は、「いつかバレるだろうと覚悟していた」と話す。そして葉子に風太から『今日会える?』とメールが届いて……。

灯里のもとには、丈が帰ってくる。丈が病気のことを姉である自分にも内緒にしていたことを責める灯里。「大事な人を悲しませたくない」と言う丈に、灯里は丈の知らない鐘子の秘密を話す……。

一方、葉子は風太の待つ場所へと向かう。自分の嘘を知ってもいつもと変わらない明るい態度で接する風太に心を痛める葉子。だが、ふと気配を感じ振り向くと、そこにはこちらを見て立ち尽くす賢治(谷原章介)の姿があった!

引用:本テレビ「偽装不倫」公式サイト

「偽装不倫」第8話の感想 


不倫がばれて、真実を告白して、だけど誰も幸せにならない現実

「偽装不倫」第8話では、賢治(谷原章介) がとうとう葉子 (仲間由紀恵) の不倫相手をばっちり見てしまいます!葉子も不倫を認め、 賢治の怒り、 葉子の(不倫相手に会えなくなる)悲しみ?そして 丈(宮沢氷魚)に真実を告白し鐘子(杏)、でも丈はスペインに帰って手術することを選択し、 鐘子 を待たせないように遊びだったと告げる、、、なんだか誰もがさらに辛い思いをかかえてしまったかのようでした。期待するようなハッピーエンドは訪れない、それが現実なんでしょうか。

捨てられちゃった風太、拾いたい人はたくさんいるよ。

葉子にすてられた風太 (瀬戸利樹) 、「僕、まってるから」とけなげでかわいそうすぎて拾ってもちかえりたい人多発!

「好きだと言ってしまえれば、世界は変わるかな」 変わらない現実が痛い

葉子夫婦は、どうやら離婚する選択肢はない様子!何も言わない夫に、不倫相手とはいったん距離を置く妻。これやっぱり、妻と夫を逆にしたらよくあるパターンなんでしょうね。

「好きだと言ってしまえれば、世界は変わるかな」
今回ほどこの歌が悲しく響いた回はなかったように思います。MVはっておきます。

自分もあっさりと振られたことを思い出して泣けてきました笑。悔やんでも元にもどらない時間と、相手を失うことの苦しさ、胸の痛みって忘れるんだけど、きっかけがあれば思い出すものなんですね。このドラマではあんまり共感できるところはないんですが場面場面で自分のことを思い返して涙ぐんでしまうことも。

「擬装不倫」はhuluでダウンロードして見ることもできます。

hulu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です