【あなたの番です・考察】黒幕はやっぱり黒島佐和?実は自分から犯人だと肯定していた?気になる黒島佐和の言動まとめ

こんにちは、Aki-doramaです。 
待ち遠しいけれど終わったらそれはそれで喪失感がこわい「あなたの番です」、今週いよいよ最終回!!!最終回直前に、なんとどーやんの犯人疑惑までぶちこまれてきました。最終回にならないと犯人もわからないなんて最高に面白いドラマですね。いまだに犯人は黒島ちゃんなのか、尾野ちゃんなのか、どーやんなのか、それとも別の誰かなのかわからないんですから。今回は黒島ちゃんが犯人だったとして、今思うと、黒島ちゃんが犯人であることを示唆しているような場面をまとめてみました。

「あなたの番です」全話&サイドストーリーの「扉の向こう」は huluでも見ることができますよ。

日テレドラマ

第8話「私は結果的にすべてが解決するならいくら疑われてもかまいませんよ」


第8話では、奈菜の元夫の細川朝男まで死んだ後、翔太が本格的に事件の捜査にのりだし、交換殺人ゲームで引いた紙と書いた紙の矛盾を指摘します。紙に具体的な人の名前を言わない人が怪しいとふんだ翔太。
榎本早苗「初恋の人」、黒島佐和「織田信長」は、嘘ではないかと2人を疑います。そこで出たのが黒島佐和のこのセリフなんですね!

「私は結果的にすべてが解決するならいくら疑われてもかまいませんよ」

潔白だから出た言葉のように聞こえていましたが、絶対つきとめられないと自信があるからこそのセリフだとも思えてしまいますね!そのすぐあとに、奈菜ちゃんが引いた紙に書かれていた「こうのたかふみ」も殺されてしまうんです!これは内山の犯行だということが明らかになっていますね。

※内山の犯行自白内容はこちら
「あなたの番です」#17&「扉の向こう502」映画「ダークナイト」を彷彿させる狂気の笑顔の理由とは?

第12話「犯人さん手をあげて」「は~い!」そのタイミングで手をあげる?

第12話、木下あかねの部屋に踏み込んだ翔太・二階堂・黒島佐和。事件にまつわる記事や写真、その他を集めているような怪しい木下あかねですが、木下は3人に「犯人さんは手をあげて」と呼びかけると、タイミングよく黒島佐和が手を上げるんです!結局黒島は、木下の著書を見つけて指摘するだけなんですが。別に手をあげなくてもいいですよね?なんだか随所で自分を主張しているような気もしちゃいます。

第12話ストーカー男を睨み付ける黒島佐和

同じく第12話、大学で二階堂から頭をくんくんされた後、ストーカー男の存在を認め、にらみつける場面です。あんまり感情を表に出さないし、怒りを爆発させるところも見たことがない黒島佐和ですが、このときはたぶんすごいにらみつけているみたい。犯人の主張というわけではないですが、裏の顔をみせた?ようにも見て取れます。

そして第16話、二階堂とひまわり畑デートでもストーカー男がいましたね。このときは黒島佐和の線路へつきおとされて頭を強く打って入院、よくなってからの話です。結局、黒島佐和を突き落としたのは内山だと自白しましたが、黒島はそれを知っていたんでしょうか?

※内山の犯行自白内容はこちら
「あなたの番です」#17&「扉の向こう502」映画「ダークナイト」を彷彿させる狂気の笑顔の理由とは?

第16話 わざと二階堂に盗聴器を見つけさせた?


第16話、「二階堂さんのしたいこと、されたいです」と、結構大胆なことを言ってイチャコラに誘導する黒島佐和。ソファで押し倒そうとしたときに二階堂の足がコーヒー缶にぶつかってコーヒーが床へこぼれ、それがきっかけで二階堂が盗聴器を見つけます。これももしかして黒島佐和がうまく誘導していたってことは考えられませんか?
これは犯人と自分を主張するのではなくて、内山が犯人であることを証拠づけるために必要なことだったのかもしれません!そうしないと内山が交換殺人を知って犯行に及ぶことはできないですものね。

そう考えると、ひまわり畑のデートでどうやんと一緒にいるところで、どうやんに内山を目撃させることも作戦だったのかもしれません。

第18話 黒島佐和に怯える久住


こちらは第18話。交換殺人ゲームのとき浮田が自分の書いた紙に細工をしており、引いた人が誰かわかっていました。そして 第19話では、カマをかけにいった相手は黒島だった、ということがわかりました。そのことを知っているのは久住のみで、久住はそれを人にいうと自分が殺されるじゃないかと怯えていましたね。そして久住を見る黒島の表情は?余裕の表情のようでした。

確率89%!AIが黒島佐和を犯人だと示した黒島佐和


AIが示した黒島佐和犯人89%をめぐって翔太とどうやんは言い争いをします。疑う翔太に、かばいたい二階堂。「主人公のそばに最初からいたいい子は犯人の王道」という翔太。 主人公を変えたら翔太も怪しいという二階堂。そんな2人に「2人と落ち着いてください」という黒島佐和。一番冷静じゃないですか?怪しさすら感じますね。

「わたし、やってませんから」やってないって?

距離をおきたいという二階堂に、「わたし、やってませんから」と言う黒島佐和。どの殺人事件でもアリバイのある黒島。
でも、その後
・黒島佐和が交換殺人ゲームで引いた紙は「赤池美里」だった
・笑顔殺人が起きるのは牡羊座のラッキーデー、黒島佐和も牡羊座だった
・5年前の穂のかちゃん事件でアリバイを証言した黒島佐和の家庭教師は2年前に死んでいた!

などの新事実が発覚、黒としかみえない状況に!最終話は黒島佐和の独白が見られるのでしょうか??わからないですね!

日テレドラマ

「あなたの番です」全話&サイドストーリーの「扉の向こう」は huluでも見ることができますので登録おすすめです。2週間お試し無料!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です