「あなたの番です」#20 最終話は視聴率爆裂で19.4%!!「怒ってても抱きしめる人」それが手塚翔太だった!

こんにちは、Aki-doramaです。 
「あなたの番です」とうとう最終回でした!放送前からドキドキ、はじまってからもドキドキ!なんと、というかやっぱりというか、黒幕も明らかになりました。黒島佐和のいきなりの本性全開に翔太も二階堂もたじたじ?猟奇犯に見えたかはさておき、これ以外の黒幕・結末だと納得できないと思うので、私はストレートな結末にまあ納得です。ラスト、スピンオフドラマや映画化にも繋がりそうな仕掛けもいいんじゃないかと。

なので、最終話は衝撃というより落ち着くところに落ち着いたような取り纏め回となり、やや面白みに欠けたかもしれません。ですが!4月期クール、7月期クールと、全20話+特別編+SNSでここまで私たちを熱狂させてくれたドラマがあったでしょうか??日本のドラマも面白いんだなと思わせてくれた素晴らしいドラマ・キャスト・脚本・制作陣だったと思います!ほんと感謝しかありませんね!!視聴率は19.4%と近年まれにみる高視聴率!放送直後は hulu ですらサーバートラブルとなりすぐに「扉の向こう」は見ることができないほどのアクセス集中ぶりでした。

一夜明けてトラブルは解消されており、「あなたの番です」最終話までの全話とサイドストーリーの「扉の向こう」黒島佐和の過去の扉(前編)を huluで見ることができますよ。

日テレドラマ

「あなたの番です」最終回はこんな感じで落ち着くところに落ち着きました。 #20 あらすじ


第19話の続き。
翔太 (田中圭)が目覚めると、身体がテープて拘束されておりさらに隣には同じように拘束された黒島佐和 (西野七瀬) が。 2人は同じ点滴が繋がれており、それは塩化カリウムだった。そこへ二階堂 (横浜流星) が部屋に入ってきて、 奈菜うを殺したのは自分だという。そしてゾウかキリンを選べと翔太にせまる。ゾウを選べば翔太が助かり、キリンを選ぶと佐和が助かる。「僕が奈菜を殺した」という二階堂。「私を殺してください」という佐和。 翔太はゾウを選ぶ 。 佐和は殺されることを望んでいたが、二階堂は逡巡し佐和を殺すことができなかった。 翔太は拘束されながらも点滴セットを投げつけるが佐和は身をかわす。 すべての黒幕は黒島佐和だったのだ。
 
佐和はこれまでの犯行を語りだした。
赤池美里、児島佳世、浮田、奈菜を殺したときの詳細を話した黒島。
佐和は自分の抑えられない衝動と、人を殺すことへの衝動も愛だと語る。翔太は佐和を押さえつけ、殺したい衝動にかられるが、二階堂は殺すことは佐和の挑発にのることだと翔太を止める。そして翔太のとった行動は、クソ兄の時と同じ、にくい相手でも愛することだった!!

そのとき警察では、奈菜を殺したのは黒島佐和だということ、アリバイのファミレスの防犯カメラに加工がされていたことがわかり、佐和の部屋へ捜索に入っていた。部屋の中には、捕まえてくださいといわんばかりの証拠品の数々、そこには5年前殺害された南の娘の靴の片方もあった。

10月、奈菜の予約したチャペルで翔太は一人、奈菜の面影を感じながら式に臨んでいた。二階堂も祝福を言いに駆けつける。

平穏を取り戻したように思えたキウンクエ蔵前。刑務所で想いを馳せる住人、カップルとなった住人などさまざま。翔太はひきつづき二階堂と夕食を食べていたが、チャイムなりドアを開けると廊下の向こうから無人の車椅子が近寄ってきた。車椅子の上には「あなたの番です」と書かれた紙が。
そして場所は変わってビルの屋上。手足を拘束されて淵に座らされた赤池幸子の姿が!赤池幸子の叫びでドラマは終了する。

AIは正しかった!すべてをうけいれたかったどうやん

何度も高確率でAIが導き出した答え、それは犯人は黒島佐和。ラスボスが殺されかけるところに納得のいかない二階堂だったけれど、黒島佐和に事実を確かめにいき、すべてを聞いてしまったんですね。前回苦悩していたのはそのシーンだったのかもしれませんね。

初めて好きになった人は殺人鬼だった

最終回での二階堂は、黒島佐和に最終的には自首してほしいと望みつつ、翔太を拘束したりと佐和に協力します。翔太を裏切ってまで佐和を守りたいと想ったのかどーやん!その理由が、初めて好きになった人だからとは、これまでのどーやんに似合わず純真BOYの片鱗を覗かせます。
こりゃだめだわ、と視聴者は肩をおとしたことでしょう笑。でも初めて好きになった人が殺人鬼だったことは、どーやんの将来に大きな影響を及ぼして、3年後には警視庁AI部隊・二階堂が見られるかもしれませんね!(希望)とはいえ、「扉の向こう」では電気ショック療法で記憶なくしたいと電気プラグ自分に刺そうとするのはアホすぎていただけませんでした。

管理人・床島の死の謎も解明、意外と繊細で愛を求める男だった?

ところで、楽しみにしていた管理人・床島の死の謎解明。こちらもストレートに自殺でした。病気でどうせ死ぬから、早苗にゲームで管理人さんと書かれたから。意外と繊細だった管理人・床島は自分なんか誰からも愛されないと自殺を宣言。駆けつけたのは、マージャン仲間で仲の良かった204号室の西村だけでした。管理人の恨みを榎本早苗にぶつけた西村は、木下あかねの指摘通り、結果的に交換殺人ゲームの引き金をひいてしまったようでした。あ、床島は502号室の赤池美里から黒島佐和を刺激するように交換殺人ゲームを誘導するようにもちかけられてもいましたね。いろんな人の思惑が重なってゲームがはじまったともいえます。

でも西村、結果的にはいい人でしたね。ちらっと登場した大澄賢也さんは、床島が殺したい相手として書いた「西村」役でしたね。

「二階堂さんになら止められ(殺され)たい」あれ?伏線あった?

黒島佐和は、止められない殺人への衝動と、だれかに止められたい気持ちでいつも苦しんでいました。(という設定)
点滴のレバーを押せなかった二階堂に「二階堂にならとめられたかった」という黒島ですが、前に「二階堂さんのしたいことされたい」と言っていたのも伏線だったのかなとちらっと想いました。

幸せだったころの2人

「怒ってても抱きしめる人」それが手塚翔太

AI奈菜ちゃんも言ってました。
「怒ってても抱きしめる人」それが手塚翔太

鈴間Pも、最終話の見どころは犯人と対峙した翔太がどんな行動をとるか、と言われていたようですが、AI奈菜ちゃんブルでしたね!

黒島が何もしないほうがおかしいとすら言う、愛する妻を殺した、殺したいほど憎い相手。そんな相手をハグできるなんて、ドラマの中とはいえ涙ものでした。翔太のママではないですが、「翔太よくやった!」と抱きしめてほめてあげたいです。

クソ兄貴も抱きしめたもんね。

それぞれの「会いたいよ」で幕を閉じる?

そして黒島佐和は殺されるという希望はかなわず逮捕され、それぞれの住人は平穏を取り戻すというドラマ終結。。
榎本夫婦は拘置所で家族で再出発することを誓い、

柿沼はようやくあいりにプロポーズ成功!幸せそうでよかった!

クオンはシンイーと将来結婚するため、不法滞在を申告、男をみせる

藤井、桜木るり、久住もそれぞれ拘置所へ。久住はエレベーター専門誌を愛読。

そして次は、、、「あなたの番です」?


そして最後の最後、翔太と二階堂に「あなたの番です」という紙が届き、赤池幸子が殺されると想起させる衝撃的な場面が!ドラマはここで幕を閉じます。

あな番ロスは払拭!考察はまだまだ続く!

こんなに楽しかった「あなたの番です」考察、ドラマ制作陣は、あな番ロスを防ぐため、私たちに謎かけを残してくれたようですね!これでこれからの展開をひたすらと考察することになるでしょう!シーズン3に期待です!Huluでいいよ、私は。

「扉の向こう」では、黒島佐和の過去が前編・後編で描かれます。後編は来週更新されるのかな?まだまだ見続けることができる楽しみをくれて本当に感謝!


日テレドラマ

「あなたの番です」全話&サイドストーリーの「扉の向こう」は huluでも見ることができますので登録おすすめです。2週間お試し無料!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です